こんばんわ、鉄造です。

昨日、ってか今朝方エルサの手枷の画像をアップすると言って置きながら、なんだかんだと今になってしまいました。
「どんなもんじゃらほい?」と見に来てくださった方々、遅れて済みませんでした。

で、これが今回製作した「エルサの手枷」です。

通常の手枷と違い、魔法封じの呪文を唱えつつ製作し(ウソ)ヤバイ手の先をすっぽりと包み隠す構造としてあります。

アニメの画面からデザインだけは頂きましたが、構造や仕組みは全部オリジナルで考案しました。

劇中に出ていた物は、どこにも蝶番が確認できなかったのでどう考えても開閉機構が省略された現場の加治屋さんのやっつけ仕事で、意識の無いエルサさんの手を包むようにその場で出張施工し破壊しなければ離脱できない瀬戸物の猫の貯金箱タイプに思えてなりませんでしたが、唯一手首部分に鍵穴の付いたホームベース様のプレートが一瞬確認できたので同位置にオリジナル構造の錠前を設置し、着脱可能として遊べるよう、出来るだけ見た目がオリジナルに近い施錠方法と目立たぬ開閉方法を考案し、具現化してみました。



一式の図↓

e0369700_01341014.jpg


↓開閉構造の様子

e0369700_01322236.jpg



↓施錠帯がガルウィング様に開きます。

e0369700_01343764.jpg


ハート型のキーがオシャレ↓

e0369700_01334854.jpg



細身のエルサさんはあまり重そうにしていませんでしたが、実際作ってみると拘束具として最低限の厚さの2ミリ鋼板の外装と厚さ3ミリの補強帯鋼材、固い感触と肌触りに必用な(ホント?)厚さ4.5ミリの手枷部分を再現しましたら枷の片側だけで2.4キロの重さとなりました。

動画も撮影したんですが一人でやったものでモニターを見ずに撮影し、肝心な所がフレームから外れていたりでイラつく映像でしたのでまた今度撮影しなおして御覧頂くこととします。

出来ればエルサ役のモデルになってくれる方が居てくれると助かるのですが、どなたかおりませんでしょうか?
そんな方おりましたら↓ツイッターアカウント@kunounonasi宛DMしてください010.gif


またまた長い文章ですみません。
では今日はここまで。

明日は久しぶりに旧友とのツーリングです。ルンッ!003.gif
[PR]
by tetukaseya | 2014-05-17 21:16

鉄で造るマニアの世界

初めまして。
某アメリカネズミの楽園のある街に在住の通称、鉄造と申します。

最近、自宅に僅かばかりの工作機械を揃え、ようやく、大好きな金属加工の仕事を思いのままにこなせる工房が出来ました。

起業第一弾の作品は、今、テーマソングがカラオケ店で大流行りのアニメ映画「アナと雪の女王」の主人公が幽閉されるシーンで登場した魔法封じの枷(と、良く似たもの)です。
人呼んで「エルサの手枷」

ものがたりは、全編を通して描かれる色彩も鮮やかなファンタジーの世界。
胸踊るスリリングでテンポの良いストーリー。

中でも一番心惹かれたのが上にも書いたエルサの幽閉シーンで、ベッドから起き上がった彼女が窓際に走り寄るが繋がれた鎖に阻まれ、困惑しながらも更に窓に寄る為に右手の鎖をスッと跨ぎ超えるシーンでした。

自身の置かれた立場の象徴である手枷を殆ど気にする事無く、他の者たちの事を心配し自らの過失で雪に埋もれてしまった窓の外の状況を気にして精一杯窓に寄ろうとするエルサの優しさにぐっと来てしまいました。

どうも鉄造の私目の事ですので普通の人と、心惹かれるシーンやグッズが違う様で、鉄加工が大好きな私は上記のシーンに登場した手枷がとても気になり、工房初の作品はこれだと決めました。

それからと言うもの、今月の連休も休まず毎日作品造りに没頭し、気がついたら1ヶ月が過ぎていました。
そして本日、一部、仕上げの為の資材待ですがほぼ完成しました。
実際に具現化したそれを着けて見ると、あのエルサがホントはとてつもない不快感を味わっていたに違いない事が解ります。
重いし痛いしムレムレになって動く気にもなれません。

どんな物なの???

気になる方は又明日に見に来て下さい。

写真を何枚かアップして見ますので、どうぞ御覧下さい。

しょっぱなから作品もブログもチカラ入り過ぎ気味な鉄造でした。

最後まで長い文章を読んでくれて有り難うございました。
[PR]
by tetukaseya | 2014-05-17 00:59