苦悩の鍛造(汗!)

こんばんわ、鉄造です。

今日は一日工房に篭りご近所様に迷惑な騒音を巻き散らかしておりました。
ゴメンナサイ!

で、今日出来たのはこれ↓

苦悩の梨の花弁?部分をこさえていました。

一台3枚使いなのに何故に5枚か?
もう一枚あるんですがまだ縁の切り取り前だったので撮影しませんでした。

切りの悪い所で一日の仕事を終いにしちまうとお思いでしょうが、暑さと疲れと手のハンマー豆でメゲてしまったのですよ、根性なしな鉄造ですから、ハイ。

こうしてみると表面に着いた槌跡のままで製品化も綺麗かなーとも思うのですが、よく見るとお分かりの様に、槌の当て方がヘタクソで槌の縁による失敗打痕が多々あり、やっぱりこりゃー研磨仕上げしないとダメだなと思うわけですなーこれが。

槌の腕前が上がったあかつきには、カッコイイ槌跡仕上げの製品を作れるかな?

こういう加工はエルサの手枷から始めたのでまだまだこれからが修業の日々です。


所で今までこれのやり方を知らなかったんですよ。
これってリンク先の事じゃなくてこのクリックするとリンク先に飛ぶ機能の事です。

何かHTMLのどうのこうのとか使うのかなー?
みんな良く出来るなーすごいなー。と思っていたら編集画面の↑上の鎖マーククリックで簡単に出来るんですねー。

そんな訳で、以前の記事もリンクしたかったところに飛ばないURLとか書き込んでたので早速手直ししてきます。

説明を読まない悪い癖炸裂でした

さて今日はこんなところで、時間も早いのでお風呂行って来ます。

また次回。
[PR]
# by tetukaseya | 1900-01-01 00:00

今日のお仕事

こんばんわ、鉄造です。

今日は、物凄い雨が降ってましたね。
鉄造のささやかな工房はヨドガレージの中なので床が低く浸水しないか気がきではありませんでしたょ(๑•́ ₃ •̀๑)

明日はいよいよ数年ぶり(2年振りかなー?)に西船橋の、直訳すると[魔女集会]と言う意味のお店に遊びに行くので、せっかくだからナスよりも梨のほうがいいかと思い、頑張って苦悩の梨製作に精を出しておりましたが未だ画像の通りの状態です。

焦って作業するとミスってしまいそうな細かいパーツが多いので慎重に進める為に時間が掛かってしまいます。


こうして表面処理前のパーツ並べて見ると、結構綺麗なのネ(*゜▽゜)

機会が有ったらネットで紹介されてた乾電池とサンポールで出来るメッキとやらを使って亜鉛メッキでも試してみましょう。

考えて見たら明日は丁度土曜日、Sabbathの夜に魔女の集うお店に、魔法封じの手枷や魔女裁判の拷問具を持ち込むとはまるで殴り込みだねー。
返り討ちに合ってしまいそうです


そうだ、ケイヨーd2で買ったエアコンプレッサーが謎のエア漏れで、エア使って無いのに急に回り出してビックリ!
心霊現象かと思った
何処かからエア漏れしているのだろうと耳を澄ましても確認出来ずで、明日にでもママレモン水で調べてみよう。
エアダスター専用機なのに頻繁に起動しては煩くてかないません。

まだこの後もしばらく大雨が続きそうです。
災害の危険の有る地域にお住まいの方々、お気をつけてお過ごし下さい。

下手くそな文章を最後までご覧頂き有り難うございます。
では今日はこの辺で。

おやすみなさい。
[PR]
# by tetukaseya | 1900-01-01 00:00

♪お出掛け♪

こんばんわ、鉄造です。

今日もあいにくの雨続きですが、頑張って西船橋のお店に行ってきます。
前回みたいにまた同好の士と楽しく語り合えたらいいなー。

「作品が出来たら店に見せに来て」今は居なくなってしまったこのお店の女の子との約束を未だに守っている純情な鉄造でした。

当時とはスタッフの方々もだいぶ入れ代わり見知った方はホンの数人ですが、店の掲示板カキコを見て、今度はお互いお客様として再開出来たら素敵ですねー。

さて雨の中、この↓大荷物。

無事、辿り着けたらその後のレポート入れますね。(オット、鉄造の指付き靴下特別出演!)

今午後7時15分前ななで、これから食事済ませて9時頃参上予定です。


では後ほど。
[PR]
# by tetukaseya | 1900-01-01 00:00

こんばんわ、鉄造です。

昨夜は市内に大雨警報が出される中、西船橋のお店に行ってきました。
入店前半、中々同好の士(拘束具に興味深々なお方)の姿が見えず、と言うか大雨の影響もあったのかガラガラな状態でスタッフの方と幽霊のお話し等で間を持たせつつ、どうなる事かと思いました(汗!)。

しかし後半徐々にお客さんの数も増え始め有難い事に私目の持ち込んだお道具類を目にしたお客さんがたやお店のボス的存在の方が話題にしてくださいましてあーだこーだと楽しい時間を過ごさせて頂きました。
製作者として一番うれしい時間でございました。
居合わせた男女の皆さん、本当にありがとうございました(涙!)

壇蜜似の(いろんな意味で)スタッフの方に「ここは隠れ家的な場所なのであまり公言なさいませんよう・・。」との内容のご指導をやんわりと授かり、反省!の時でもありましたが・・。

と言うわけでお店の話はあっさりやり過ごしまして、お店の近くのコインパーキングに車を入れ、(鉄造はノンアルコール飲料専門です!)350メートルほど歩いて(どこがちかくじゃ!)店内に突入した訳ですが、そのコインパーキングと言うのは総武線の線路沿いにある、昔の日活映画で悪者が登場しそうな薄暗い場所。
当然防犯意識も高まろうという感じの場所でありまして(地元の方、ゴメンナサイ!あくまで鉄造の感想です)こんなときいつも使う手をご紹介します。


ハンドルの上にチョコンとインコの様に止まっているのは衝撃センサーによる防犯警報装置で何年か前に近くのケイヨーD2のワゴンセールにて2千円足らずの価格で購入した特価品で見たとおりハンドルにガッチリ施錠できるので見た目でも悪者のヤル気を殺ぐ心理的テクニシャンな機器です。
それと組み合わせてセットされているのが、その直ぐ下の奥、白い箱状の物体が何とトランシーバーTCV-01/WH

この機種は国産品でこそありませんが性能は国産品に引けを取らずそれどころか国内の電波法に合致した唯一のFM,AMラジオ搭載機で、送信出力は特小機の規定で10ミリワット(携帯電話の約1/50~1/80)と非常に低く通話距離こそ短いものの市販の無線式警報専用装置を上回る(たぶん)通信距離を稼げ、某千葉の蛍の名所に行った際、御覧の通り380メートル以上の警報通信距離を実測できました。↓


このトランシーバーの本体内蔵マイクによる音声感知送信機能(ハンズフリー機能)を利用して先の衝撃感知警報機の警報音を遠方に居る車所有者の携帯したトランシーバーに送信するというシステムを構築するのです。
トランシーバーは単4乾電池3本で12時間以上作動するのでスイッチを入れハンズフリーONでハンドル周りにポン置きでOKです。
無線知識も電気知識も必要在りません。

このトランシーバーは非常時や携帯回線混雑時(花火大会等)に威力を発揮しトランシーバーとして近距離連絡が可能でしかもラジオにて災害情報を聴取したり花火大会では地元ラジオ局の開設するAM,FMの解説生中継を聞きながら見物したりと警報機利用以外にも出番が多いグッズです。
(この際、ラジオ聴取時にも仲間からの無線連絡が入ると自動的に無線通信に切り替わるバーテックスタンダードも真っ青な高機能。ただしラジオの感度、音質は通常のポケットラジオにはかないませんが・・。)

アマチュア無線技師暦28年の私のお勧め機種です。
鉄造は2人家族ですがこの機種を3台所有する程です。

311の様な災害時には携帯が使えず大勢がひしめき合う避難所では直ぐそばに肉親が居ても実際、中々見つけ出せないと思いますがこの小さい小さい小箱があるだけで200~1000メートル以内にいる肉親や仲間を探し出せるのですよ↓


花火大会の場では仲間との合流に何度このトランシーバーに助けられたことか・・。

メーカー生産が既に終了し、販売店在庫のみのようで在庫は僅かのようです。

鉄造は、けしてメーカーやお店の回し者ではありませんがこのような隠れた名機は今後再び出てくるかどうか判りません。

備えあれば憂い無しですよ。

意外な無線愛好家の片鱗を垣間見せた鉄造でした。
今日はこの辺で、おやすみなさい。

追伸:当ブログを見て、西船橋のお店に来てくださった方々、本当にどうもありがとうございました。
[PR]
# by tetukaseya | 1900-01-01 00:00

ヤフオクは楽しい!

こんばんわ、鉄造です。
ブログ更新は久し振りとなってしまいました。

次回作製作の資金調達(実は例のお店に行く軍資金?)の為、私のダイエットのきっかけとなった以前御紹介した「体育座り」の拘束具を、ヤフオクに出品する準備で結構忙しかったんです。

あれって「簡単に出品出来る」とか説明されてますが、上手に撮影しようとか写真を沢山載せようとかブログにリンクを貼るとか、あれもこれもと欲張ると結構手間がかかるんですよネ。
文才の皆無な鉄造は商品説明を考えるのもパソコン前で何時間も格闘です。
開始価格設定も難しい所です。
商品説明の画像なんかもう酷いものです。
これ↓ですから。オークションで笑い取ってどーする!です。


どうせ文才も画才も無い鉄造です


それでもめげずに何とか無事出品も済、後は明後日のオークション終了を待つばかりです。
自分の出品物を見に来て下さる方やウォッチリストに入れて下さる方の人数が判るのも、どれ程の方々が自分の作品に興味を持ってくれるのか判ってドキドキものです。
自作品出品はそれが一つの楽しみでも有ります。

さて今回のオークション何人の方が訪れてくれるかなー


それと、もっと梨っぽく!とあらためて製作に入っていた今度こそ「苦悩の梨」が完成間近です。

どうです?↓前作よりもだいぶ“梨”っぽくなったでしょう?


開くとこんな感じです。↓


なんちゃって、実はまだハンドル部は繋がっておりません。↓


御覧の通り、まだバラバラです。
イメージ画像として乗っけて撮影してみました。
今回は梨本体がとても格好良く出来たので、よりリアルに博物館物を再現する為、不本意では有りますがハンドル部は市販のアンティーク調飾りキーの物を切断し雄ネジを切って流用する事にしました。
こういった見事な紋様の造作はまだまだ鉄造の技術では及ばぬ所です。
(入手先と価格は判る人には判りますネ。内緒よん
そのうち腕を磨いてこんな紋様も作ってみたいとおもいます。

さて本日はこの辺で。

時間が早いですがお休みなさい。
[PR]
# by tetukaseya | 1900-01-01 00:00