コインパーキングでのセキュリティにトランシーバーを活用しよう!

こんばんわ、鉄造です。

昨夜は市内に大雨警報が出される中、西船橋のお店に行ってきました。
入店前半、中々同好の士(拘束具に興味深々なお方)の姿が見えず、と言うか大雨の影響もあったのかガラガラな状態でスタッフの方と幽霊のお話し等で間を持たせつつ、どうなる事かと思いました(汗!)。

しかし後半徐々にお客さんの数も増え始め有難い事に私目の持ち込んだお道具類を目にしたお客さんがたやお店のボス的存在の方が話題にしてくださいましてあーだこーだと楽しい時間を過ごさせて頂きました。
製作者として一番うれしい時間でございました。
居合わせた男女の皆さん、本当にありがとうございました(涙!)

壇蜜似の(いろんな意味で)スタッフの方に「ここは隠れ家的な場所なのであまり公言なさいませんよう・・。」との内容のご指導をやんわりと授かり、反省!の時でもありましたが・・。

と言うわけでお店の話はあっさりやり過ごしまして、お店の近くのコインパーキングに車を入れ、(鉄造はノンアルコール飲料専門です!)350メートルほど歩いて(どこがちかくじゃ!)店内に突入した訳ですが、そのコインパーキングと言うのは総武線の線路沿いにある、昔の日活映画で悪者が登場しそうな薄暗い場所。
当然防犯意識も高まろうという感じの場所でありまして(地元の方、ゴメンナサイ!あくまで鉄造の感想です)こんなときいつも使う手をご紹介します。


ハンドルの上にチョコンとインコの様に止まっているのは衝撃センサーによる防犯警報装置で何年か前に近くのケイヨーD2のワゴンセールにて2千円足らずの価格で購入した特価品で見たとおりハンドルにガッチリ施錠できるので見た目でも悪者のヤル気を殺ぐ心理的テクニシャンな機器です。
それと組み合わせてセットされているのが、その直ぐ下の奥、白い箱状の物体が何とトランシーバーTCV-01/WH

この機種は国産品でこそありませんが性能は国産品に引けを取らずそれどころか国内の電波法に合致した唯一のFM,AMラジオ搭載機で、送信出力は特小機の規定で10ミリワット(携帯電話の約1/50~1/80)と非常に低く通話距離こそ短いものの市販の無線式警報専用装置を上回る(たぶん)通信距離を稼げ、某千葉の蛍の名所に行った際、御覧の通り380メートル以上の警報通信距離を実測できました。↓


このトランシーバーの本体内蔵マイクによる音声感知送信機能(ハンズフリー機能)を利用して先の衝撃感知警報機の警報音を遠方に居る車所有者の携帯したトランシーバーに送信するというシステムを構築するのです。
トランシーバーは単4乾電池3本で12時間以上作動するのでスイッチを入れハンズフリーONでハンドル周りにポン置きでOKです。
無線知識も電気知識も必要在りません。

このトランシーバーは非常時や携帯回線混雑時(花火大会等)に威力を発揮しトランシーバーとして近距離連絡が可能でしかもラジオにて災害情報を聴取したり花火大会では地元ラジオ局の開設するAM,FMの解説生中継を聞きながら見物したりと警報機利用以外にも出番が多いグッズです。
(この際、ラジオ聴取時にも仲間からの無線連絡が入ると自動的に無線通信に切り替わるバーテックスタンダードも真っ青な高機能。ただしラジオの感度、音質は通常のポケットラジオにはかないませんが・・。)

アマチュア無線技師暦28年の私のお勧め機種です。
鉄造は2人家族ですがこの機種を3台所有する程です。

311の様な災害時には携帯が使えず大勢がひしめき合う避難所では直ぐそばに肉親が居ても実際、中々見つけ出せないと思いますがこの小さい小さい小箱があるだけで200~1000メートル以内にいる肉親や仲間を探し出せるのですよ↓


花火大会の場では仲間との合流に何度このトランシーバーに助けられたことか・・。

メーカー生産が既に終了し、販売店在庫のみのようで在庫は僅かのようです。

鉄造は、けしてメーカーやお店の回し者ではありませんがこのような隠れた名機は今後再び出てくるかどうか判りません。

備えあれば憂い無しですよ。

意外な無線愛好家の片鱗を垣間見せた鉄造でした。
今日はこの辺で、おやすみなさい。

追伸:当ブログを見て、西船橋のお店に来てくださった方々、本当にどうもありがとうございました。
[PR]
by tetukaseya | 1900-01-01 00:00