初めての大R加工・・(汗!)

こんばんわ、鉄造です。

今日は、うちの設備で初めて、φ16丸棒の、R=320mmという大きなR曲げ加工に挑戦してみました。

いつものハンドベンダーのオリジナル改造を元に戻し、ユーチューブで見た手動3本ローラー方式で挑戦してみたんですが、大失敗でした。
ユーチューブでは、薄い板鋼を大きなR曲げ加工していたんですがさすがに太いφ16丸鋼は無理があったようで、ローラーが空回りして丸鋼が進んで行きませんでした。

もっと時間があるときにでも再度、調整して挑戦と言うことで、今回はハンドベンダーではよくある方法の、大R多分割多角形式擬似大R曲げとしました。
320Rの円周部分を幾つかに分け、少しづつ鈍角曲げ加工し、一つの大きなRを形作っていく方法で、ミスると本当に幻の多角形コーナリングならぬただの多角形曲げになってしまう厄介な作業です。

普通の工場では大きなローラーコマを使ったり油圧機器を使用し簡単に綺麗なRにしていくのですが、鋼材DIY程度の設備しか持ち合わせていない鉄造の工房では、そうは行きません。

ここは一番、今こそ、以前の勤め先で絶対に遣ってはならないと切れ者のGMさんに言われていたKKDの出番です。

KKDとは、
①勘に頼る
②経験に頼る
③度胸でこなす

それぞれの頭文字を取ってKKD・・。なんと素敵な響き~
私は鉄造なのでもっぱらKKDです。

データに基づいて行動するのは寸法計算くらいなものでそれでさえKKDによってあてづっぽうでやっちゃったりしますがめったに大きく違ったりはしません。

たまにやっちまうとでかいですが・・

で今日出来たパーツはここまで!↓


なぜなら今日は、鉄造の工房内で唯一の高級品、職人さんから譲り受けた大きな万力が、ぶっ壊れ、修繕に半日かかっていたからなんですねー。

この万力を直すのに、この万力が必要って言うほどよくつかうアイテムなので直すのも一苦労。
鋳物が割れてしまったので溶接しても強度が保てず、新たに太いボルトナットで部品を構成してみたのですが以前の様に強くは締められないだろうなー。
鋳物とはいえ断面積は今回使用したボルトの10倍以上あったのだからおっかなびっくりで使っています。
新しいの欲しいけどこのグレードの物は何万円もするしなー。
もっともっと出品してお金が出来たら考えよっと。

さて全貌を現しつつある”M字開脚座り強制拘束具”御覧の通り
まるでカメムシみたいな格好ですがこれで拘束されるとチョット可愛い格好になるかな?
オクの出品写真撮影のモデルになってくれる女性大募集!(男性の方はオクでは受けが悪いので・・。)

報酬は、口やかましい女のバイオリン1個進呈!↓(12000円で落札実績あり)


このままだと”体育座り~”の時みたいに笑いをとるイラスト再登場!なので・・・。

と言うわけで、今日は古い物と老人は大切に。と
KKDは素晴らしいというお話しでした。
みーくんごめんね。(KKD絶対反対の切れ者GMさん)

ではまた~。

おやすみなさい。
[PR]
by tetukaseya | 1900-01-01 00:00