お風呂でも安心な‘’苦悩の梨‘’試作完成。

こんばんわ、鉄造です。

今日ようやく“苦悩の梨、オールステンレスバージョン”の試作品が完成しました。
今回は豪華に4方開きで再現して見ました。

コレ↓


この持ち手は、鉄造オリジナルデザインですが、結構イケてません?



鉄造なのにこれではステンレス造になっちまいますが、こちらはヒンジ機構やピン、ワッシャー1枚に至るまで全てがステンレス鋼で出来ており、水濡れ(他の濡れも)にも安心な錆び難い仕様となっております。

こんな格好をしているのに磁石に着かないなんてとても不思議な感じです。

明日から本チャンの製作に入ります。
何時も使い慣れた鉄鋼材と違い結構厄介だったりします。
穴が開けにくい、切削し難い、そして何より厄介なのはその切り粉です。

鉄鋼材の切粉なら、目に見えない程小さい物は、手指に刺さっても放って置けば酸化鉄になって消えてしまいますがステンレスの切粉は、どんなに小さい物でも消えて無くなったりせずにずっとチクチクしてて困ります。

そんな時は30倍ルーペを万力に咥えて片手にケガキ針を持って極小な敵と格闘です。

一般的に鉄鋼材で出来た物と同じ製品でステンレスバージョンの物は、価格設定が高めなのは原材料費以上に加工に苦労がつきまとうからなんでしょうねー。

という訳で、この“苦悩の梨、オールステンレスバージョン”は、本チャンのヤフオク出品スタート価格、2倍の設定!!

と言っても何時も百円スタートなので二百円になるだけですが、一応価格差を設けてみよーってわけでぃ!(長谷川平蔵風)

今日は、ステンレスの切粉がヤバイってお話しでした。

今日は、この辺で。

おやすみなさい。

追伸:本日、ツイッターとやらにデビューしたのですがイマイチ使い方が解りません。
すっとこどっこいな事をやらかすかも知れませんが大目に見てやって下さいまし。
[PR]
by tetukaseya | 1900-01-01 00:00