己の加工技術限界はどこだ?

こわばんわ。
鉄造です。

今日は設備の破壊と修繕の繰り返しとなりました(*^^)v

と言うのも今、己の加工技術の限界に挑んでいるからです。

きちんと強度計算とかなんやら出来る利口なおつむを持ち合わせていないので取り敢えずやってみてしまうものですから機材の限界を超えてしまいます。

幸い切る付ける曲げるの加工が出来るので機材が壊れても直ぐに修復しより強化していくので段々と壊れ難くなって行きますが(^○^)

最初自分の設備の丸鋼加工限界は精々
Φ16㎜位と思っていましたがある方の希望によりΦ19㎜
に挑戦し機材もそれ用に強化して極太のΦ19㎜丸鋼製ガングーの製作に成功し、お陰でその後の極太丸鋼製首枷製作に繋がりました。

そして今、前回極太丸鋼の最小曲げ内径58㎜を50mmにすべく奮闘中なのです。

(画像は失敗例。ねらった通りに寸法が出ない!)


成功したら加工の可能性もグンと広がると思います。

その間、ちょっとだけ製作要望のあったM字開脚座り強制拘束具の製作が遅れますが何卒ご勘弁下さい。
   ∩___∩
   | ノ    ヽ
  /  >  ● | ごめーん
  |    ( _●_) ミ 
 彡、    |∪|  )  
/      ヽノ//   
ヽ|      /  
 |      /
 ヽ /  /
  / /ヽ
(´_ /ヾ_)
明日は久々にイクスピアリで映画観てきます。
猫顔見掛けたら気軽にお声掛け下さいね(≧∇≦)
ではまた。

おやすみなさい。

鉄造。
[PR]
by tetukaseya | 1900-01-01 00:00